ケアーンテリアるぱんのつぶやき〜だって楽しんだもん

アクセスカウンタ

zoom RSS かかりつけ医

<<   作成日時 : 2016/07/01 15:28   >>

トラックバック 0 / コメント 8

今日はボクのブログスタートから7周年の記念の日

だというのにかーちゃんはちょっとモヤモヤしてる


ボクはいろんなお薬をのんでるんだ

それはボクの身体の為だから普段は費用についてもしかたないと思ってる

決められた通りにきちんと飲むし記録もつけてるよ


ボクのお薬はこんな感じ

A:利胆剤〜胆汁の流れをよくするため(1個100円×2回)一日あたり200円

B:利尿剤〜水分を排出するため(1瓶6000円)ひと瓶で約一カ月

C:抗てんかん薬〜発作をおさえるため(1個300円×1.5粒)一日あたり450円

D:胃薬〜胃酸を抑えるため(1個80円×2回)一日あたり160円

E:ステロイド〜炎症を抑えるため(1個100円)一日あたり100円

今回の件があって実際に計算してみたら月に3万円以上だった

一応保険にも入ってるので半分の負担では済むんだけど。。。


今はE:ステロイドの減薬に入っていて今回から1日半錠でよくなったの

それで病院に買いに行ったんだけど明細を見たら値段が変わっていない

量は完全に半分だから病院が出したのももちろん半量です

なぜ?って思って確認したら1日あたり一回処方料として100円です。という返事。

意味わからないし

他の薬(C)で半錠になってるのはちゃんと半額で出してくれてるのに

<単価が低いから>とか言われてもそんなの納得できません。

トータルでどんだけ払ってるか知ってるのによく言ってくれるなあ

今回の値段の差はたいしたことないけど金額より気持ちがモヤってる

それでなくても近隣の病院よりすべてについて高め設定だとは思ってたけど



他で買ってもいいけどそれなら体調変化あっても対応できないだって

かーちゃんちょっとキレちゃいました

10年以上通ってるんだからもっと言い方あると思うんだけどね

また出してもらってる薬の管理(定期的な確認)もしてくれないのが不安だし

大学病院にはかかりつけ医に薬の管理をしてもらうようにといわれ、

かかりつけ医は大学病院の先生の指示どうりにするっていうし。

実際ステロイドの減薬スケジュールは自分でやってるのだ


薬の効き方のチェックをしてもらったり免疫療法をしたいと思ったりもするから、

他の病院へとも考えて相談に行ったりもしたんだけど

細かい経緯を話すとデータをもっていけば対応はしてくれそうだけど。

また状態を確認するのに血液検査なんかをすることになる


いい状態を保ってる今また検査で負担をかけるのはどうだろう。

だからといって少し信頼感が薄れてる先生にこの先もずっとお願いするのもどうか。

この先不安定になったら転院なんて絶対できなくなると思うし。


るぱんにとってどうするのがいいかじっくり考えようと思ってます。

画像


よーく考えてね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

先日はまるにコメントいただきありがとうございました。

病院選びは難しいですよね…。
かかりつけの先生は腫瘍認定医の資格をお持ちの先生ですか?

うちはかかりつけの先生に最初の半年治療をしていただき、次に免疫療法の事を視野に入れ次の病院へ移りました。
結局、免疫療法は部分的な腫瘍には良いが、リンパ腫にはメリットデメリットがあり効果が未知数だったので行いませんでしたが…。

どちらの先生とも、まるにも私にも優しくしてくださり、とても良い先生でした。
お財布にも優しくて…。

でも、今は最初の治療段階から腫瘍認定医の資格を持った経験豊富な先生に診てもらうべきだったのかな…と少し後悔してます(T-T)

しかし、るぱんくんいつ見ても可愛いですね〜! ケアンの妖精みたいです(^^)!

るぱんくんママさん!
頑張り過ぎずに頑張ってください‼

またどこかでお会いできるの楽しみにしてます。






まる母
2016/07/03 15:35
まる母さんへ
こちらこそご丁寧にお返事をありがとうございました。
ボクもまるちゃんの可愛いお顔をずっと憶えてるからね

ボクのかかりつけ医は腫瘍認定医さんではないようです。
発作が起きてからすぐに大学病院を紹介されて検査したら脳に腫瘍が見つかりました。
脳の場合化学療法は一般的ではないので、リスクの高い外科的な手術と放射線治療の選択肢がありました。
ボクは手術はせずに12回の放射線治療のため大学病院に通いました
治療後は腫瘍の縮小は見られていますが、全部なくなることはないので今後は薬によって発作を抑えていくことになります。
幸いなことに今年になってからは一度も発作が起きることもなく急激に腫瘍が大きくなっていったりしなければ今の生活をキープしていけるのかと思っています。
ですからかかりつけ医も治療というより薬の量のコントロールということになるんですが、どうもその辺の考え方に弱冠思いの違いを感じているところなんです。
ボクんちとしてはできるだけ最小限の量の薬でやっていきたいのだけど、その辺がうまくかみ合わない感じかな
大切なことなので家族で相談してじっくり考えるね。

ボク。ケアンの妖精
ちっちゃい頃はブラックデビルだったんだよ
最近は眠い顔や抱っこばかりなので少しは元気に暴れてる様子もみせたいなあと思っています。
またお時間がある時に覗いてみてね。

またお出かけ先でバッタリできたらいいなあ
るぱん
2016/07/04 10:16
ご無沙汰しております。今年は早々に、私が突発性難聴になり、それが落ち着いたと思ったら主人の結石って感じで半年終了です。茶々は相変わらずハイテンションですが、春の検診で心雑音の検査をすすめられました。茶々の前に居たナナは小さい時から色々で4才頃からアトピ―の治療、11才で卵巣嚢腫、その後甲状腺の治療の為の服薬等々、月に7〜8万円位かかっていました。お薬が嫌で嫌で。そんなナナを見て、茶々は状況を把握する検査をしても成り行きにまかせるつもりです。何が良いかわかりませんが...。
茶々ママ
2016/07/05 20:56
茶々ママさんへ
もう皆さんの体調は戻られましたか?
人もわんこも天候不順やいろんなストレスで体調が変化しやすいので気をつけてくださいね。

茶々ちゃんも心配ですね
人とワンコとでは検査しても次のステップをどうするかはいろんな考え方があるので難しいですね。
ボクの場合もできるだけボクが日々を楽しく過ごせるためのできる限りのこと(でもボクが嫌なことはすくなくしたい)をしてくれています。
ボクも家族もみんなが幸せを感じる時間をもつのが一番大切なことだと思っています。
ママさんも悩んでしまうでしょうが茶々ちゃんの顔をみて相談してあげくださいね。
るぱん
2016/07/06 15:35
まずはブログ開設7周年、おめでとうございます!
これからも笑顔いっぱいのるぱんくんの姿を見せてね。

病院の件、考えちゃうね。
クッキーの場合、パピィの頃からお世話になっている医院に行っているけど、何度も転院しようかなと思ったことがあるんだ。
お医者さんに行くときは皆ピリピリした精神状態で行くから、お医者さんたちもうちょっと気を遣って欲しいと思うことが多々あって...でも10年以上の蓄積があるから、転院は難しいね。

それでも、緊急の場合や生死に関わるようなときは、何のためらいもなく近所の大きな病院へ駆け込むことにしているんだ。

るぱんくんの場合、もっと複雑だから悩みも尽きないね。
かーちゃんが腹立てるのはよくわかるよ。
信頼のできないお医者さんに通い続けるのは、ストレスが溜まりそうだね。
くっきぱぱ
2016/07/07 00:35
くっきぱぱさんへ
これからも笑顔たくさんと思ってますが、抱っこたくさんになるのは間違いなさそうです。
そんなボクのブログですがよろしくお付き合いくださいね

ボクは小さい時から通ってるから慣れてるっていうのがあるけどこれからのことはとーちゃんとも相談してまじめに考えてるみたいです。
ボクのストレスにならなくて、身体にとっては一番の方法を一緒に考えてくれる獣医さんに通いたいと思ってます。
今後は積極的治療をしない病気と付き合っていくわけだから飼い主の気持ちにも寄り添ってくれる先生がいいなあとかーちゃんは思ってるみたいです
るぱん
2016/07/09 11:59
時期遅れのコメントですみません。。。
うちのピースにとって、ちょっとタイムリーだったもので。
引っ越しをしたもので、動物病院探しにちょっとアタフタしてました。
良い病院は見つかったのですが、ちょっと高いんですよ。
本当は引っ越し前の病院が良いんですけどね…

ところで、かかりつけ医さんでの出来事、それに対して抱く気持ち。わかる気がします。
特に言い方は工夫してほしいですよね…愛犬を心配している飼い主の気持ちをもう少し汲んでほしいと思っちゃいました。
その後、るぱん君の体調はいかがですか?
るぱん君がストレスなく、暮らせますように。。。
emi
2016/08/25 00:06
emiさんへ
emiサンもお引っ越しされてピースちゃんの病院探しされたんですね。
小さいころにかかりつけ医を決めるのと違って、大きくなったからとではいろいろと考えることも多くて悩むますよね。
皮膚の湿疹なんかもうまーくコントロールしてつきあっていかなくてはいけないから飼い主さんの話をよーく聞いてくれる先生がいいと思うんだよね
我が家はまだまだ悩み中です
るぱん
2016/08/25 15:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
当ブログで使用している写真は製作者及び管理人に著作権及び所有権があります
かかりつけ医 ケアーンテリアるぱんのつぶやき〜だって楽しんだもん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる